シンプルライフの知恵

ミニマリストから学ぶスマホ決済のメリット

ミニマリズム研究所へようこそ!

こんばんは!

スマホ決済について知りたい人「スマホ決済のメリットについて知りたい。普段現金ばかり使っているけど、スマホ決済に切り替えようか迷ってる。あと、おすすめのスマホ決済サービスも教えてください。」

こういった方向けの記事。

本記事では、スマホ決済アプリについて解説します。

スマホ決済とは

スマホ決済とは、レジにスマホをかざしたり、QRコードを読み取る(読み取ってもらう)し支払いを済ませる方法です。

クレジットカードや銀行口座の情報をスマホアプリに紐づけて使用します。

財布やカードを持ち歩かなくても、スマホさえあれば、ショッピングやサービスの利用できるのが特徴です。

 

ちなみに中国での決済方法と言えば、アリペイやWeChatPayに代表されるスマホ決済が主流で、スマホ決済の普及率は80%以上になります。

中国ではいまや小さな屋台でさえ、現金は受け付けないという店も多いのです。

また、日本においても、その手軽さや利便性が注目を集め、近年急速に普及しています。

スマホ決済のメリット

スマホ決済のメリットは4つです。

スマホ決済のメリット

  • アプリ一つで完結する
  • いつでも送受金が可能
  • ポイントがたまる
  • セキュリティが高い

一つずつ見ていきましょう!

アプリ一つで完結する

スマホ決済の魅力は、決済やポイントカードなど複数の役割をスマホに集約できることです。

財布やカバンを持ち歩くことなく、スマホさえあれば手ぶらで買い物することができるのです。

また、決済履歴はアプリから簡単に確認することができるので、通帳も必要ありません。

スマホ決済ならお釣りも出ないので、現金の煩わしさから解放されるのもポイントです。

いつでも送受金が可能

スマホ決済は、スマホがあれば、いつでもどこでも、チャージできます。

また、チャージした金額を銀行口座に戻すのも、いつでもどこでも可能です。

さらにアプリによっては、チャージした金額を友達や家族に送金することもできるので、便利です。

送受金の手軽さではクレジットカードをも上回ります。

ポイントがたまる

クレジットカード同様、スマホ決済もポイントが貯まる場合があります

例えば、楽天ペイで買い物をすると、100円につき1ポイントたまります。

さらにアプリの利用によるポイント付与と、登録したクレジットカードの利用によるポイント付与で、ポイントの二重取りができるなど、

お得なアプリもリリースされています。

セキュリティが高い

スマホ決済には、セキュリティが高いというメリットもあります。

スマホはロックがかけられるので、万が一スマホを失くしても、財布と比べ、中身まで取られるリスクは少ないです。

何らかのトラブルで財布やスマホを取られてしまう可能性もゼロではないので、

そういった際に、スマホのセキュリティの高さは心強いポイントです。

スマホ決済アプリの決済方法

スマホ決済では、アプリによって決済方法が異なります。

主な決済方法は、銀行口座と紐づけて口座からチャージして使うプリペイド方式と、

クレジットカードと紐づけてスマホから使えるようにするポストペイ方式があります。

 

プリペイド方式は、事前にチャージする必要があり、残高を下回ると使えなくなるため、使い過ぎを抑制できます。

一部のアプリには、オートチャージ機能がついており、この機能を有効にすれば、チャージ忘れによる残高が不足を防ぐことができます。

 

ポストペイ方式は、残高という概念がなく、チャージが不要です。

クレジットカードを利用しているため、アプリ利用分とカード利用分のポイントの二重取りができるのも特徴です。

スマホ決済アプリ厳選1選

ここからは、おすすめのスマホ決済アプリについて紹介します。

他のサイトは「おすすめ4選」「厳選6選」と多くの選択肢を提示しますが、あまり多くの選択肢があっても迷ってしまいますよね。

そこで今回は、数多くある決済アプリの中で最もおすすめなアプリを1つに絞り紹介します。

 

結論から言います。

2019年1月時点で、スマホ決済アプリは「PayPay」が最もおすすめです。

主な理由は以下の通り。

  • 決済手段が豊富(チャージ残高、クレジットカード、Yahooマネー)
  • PayPayを使える店が地図で探せる

まずは、スマホアプリ決済の主要3社を比較してみましょう。

ポイント還元率 決済手段 個人間送金が可能か
PayPay 0.5% チャージ残高
クレジットカード
Yahooマネー
可能
楽天ペイ 0.5% クレジットカード
楽天ポイント
不可能
LINE Pay 0.5% チャージ残高 可能

2019年1月現在、基本のポイント還元率はそれぞれ0.5%と差はありません。

しかし、決済手段は大きく異なります。

 

PayPayの対抗アプリである楽天ペイは、チャージ残高から支払う方式がなく、LINE Payはクレジットカードの支払い方式がありません。

一方PayPayは、チャージ利用、クレジットカード利用の両方を実現しています。

さらに、PayPayは個人間送金が可能。

つまり、PayPayは楽天ペイとLINE Payのいいとこ取りなのです。

 

また、PayPayを使える店が地図で探せるのがありがたいところ。

このように、どこでアプリを使えるのか一目でわかるのは、PayPayならではの特徴です。

 

ちなみにPayPayに関する悪いニュースは、大半が初期のキャンペーンに関するもの。

今から利用する人にとっては、PayPayを利用する上でデメリットはありません。

というわけで、様々な要素を総合的に考えると、PayPayが最もベストな決済アプリです。

PayPayの公式サイト

まとめ

今回は、スマホ決済アプリについて解説しました。

スマホ決済には多くのメリットがあり、今後キャッシュレス時代でスタンダードな決済手段になるでしょう。

多くの決済アプリの中で最もおすすめは「PayPay」です。

脱現金の最初の一歩として、試しに使ってみてはいかがでしょうか。

PayPay-QRコード・バーコードで支払うスマホアプリ

PayPay-QRコード・バーコードで支払うスマホアプリ

PayPay Corporation無料posted withアプリーチ

この記事は、シンプルライフの知恵「生活の効率化:第5回」です。

他のページをご覧になりたい方は、以下からどうぞ。

【第1回】
Kindleの魅力を徹底解説

【第2回】
モバイルWi-Fiのメリット

【第3回】
アマゾン活用術

【第4回】
カード決済のメリット

【第5回】(今のページ)
スマホ決済のメリット

Twitter、Facebookでも更新連絡しています。

興味がある方はフォローしてください。

Twitter→ミニマリズム研究所(@minimal_labo)

Facebook→ミニマリズム研究所(@minimal.labo)

-シンプルライフの知恵
-

Copyright© ミニマリズム研究所 , 2020 All Rights Reserved.