シンプルライフの知恵

ミニマリストのクローゼットの中身を公開します

投稿日:2019年1月4日 更新日:

ミニマリズム研究所へようこそ!

こんばんは!

ミニマリズムのクローゼットが知りたい人「ミニマリストのクローゼットの中身が知りたい。洋服の量や収納の仕方などを参考にしたい。」

こういった方向けの記事。

本記事では、ミニマリストのクローゼットの中身について解説します。

また、快適なクローゼットの3つのルールも紹介していますので、参考にしてください。

ミニマリストのクローゼット

ミニマリストのクローゼットといっても人それぞれですが、他の人のクローゼットを見ることで、ライフスタイルの参考になるかと思います。

というわけで、今回は私のクローゼットを紹介します。

暮らし方や収納のヒントにしてください。

私のクローゼットはこんな感じ。

左から下着、半袖シャツ、長袖シャツ、上着というように並べ、着る頻度の少ないスポーツウェアやスーツは右端に掛けています。

服の場所をあらかじめ決めておくことで、どこに何があるかすぐに分かるようにしています。

 

また、服の種類はなるべく少なく抑え、色味も白、黒、グレーのモノトーンで統一しています。

そのため、コーディネートに迷うことはありません。

 

左端写っているのは本棚と小物入れ。

物からの余計な情報をなるべく受け取らないようにするため、本棚や小物入れもクローゼットにしまっています。

あとは、スーツケースが一つのみです。

快適なクローゼットの3つのルール

私は快適なクローゼットを作るために3つのルールを定めています。

  • 1つのカテゴリーにつき3着まで
  • 色味は原則3種類まで
  • 同じ種類の服を着る

一つずつ解説します。

1つのカテゴリーにつき3着まで

一つ目のルールは、服のカテゴリー1つにつき、3着までしか持たないことです。

具体的に言うと、長袖シャツ、半袖シャツ、セーター、ジャケット、コートをそれぞれ3着ずつまでというように決めています。

あらかじめ服の最大量を決めておくことで、無尽蔵に服を増やさないためのリミッターとして機能しています。

色味は原則3種類まで

二つ目のルールは、色味は原則3種類までにすること。

例えば、服の色を黒、白、グレーの3種類に決めておけば、コーディネートは簡単になります。

オシャレ初心者でも、それなりにオシャレで統一感のある服装になるのです。

同じ種類の服を着る

三つ目のルールは、同じ種類の服を着ること。

服の種類を限定することによって、生活から服を選択するということを省きました。

1日に発揮できる集中力は限られています。

 

だからこそ、大切なことを判断・決断するために、些細なことを判断せずに済むように仕組み化したのです。

このアイデアは、アップルの創業者、スティーブ・ジョブズやFacebookの創業者マークザッカーバーグも取り入れていたと言われています。

彼らもまた、大切なことを決断するエネルギーを節約するために、生活から余計な判断を省いたのです。

 

今回紹介したルールは、生活を効率化するために、私が取り入れている仕組みです。

あなたも自分のライフスタイルに合う形で、クローゼットのルールを作ってみてはいかがでしょうか。

まとめ

今回は、ミニマリストのクローゼットの中身について解説しました。

すっきりとしたクローゼットを作りたいという方は参考にしてください。

クローゼットは1日のはじめに見るところ。

だからこそ、クローゼットをすっきりさせることで、1日を気分良くスタートさせることができるのです。

この記事は、シンプルライフの知恵「ミニマリストの生活:第4回」です。

他のページをご覧になりたい方は、以下からどうぞ。

【第1回】
ミニマリストの部屋

【第2回】
ミニマリストの持ち物

【第3回】
ミニマリストの服

【第4回】(今のページ)
ミニマリストのクローゼット

Twitter、Facebookでも更新連絡しています。

興味がある方はフォローしてください。

Twitter→ミニマリズム研究所(@minimal_labo)

Facebook→ミニマリズム研究所(@minimal.labo)

-シンプルライフの知恵
-

Copyright© ミニマリズム研究所 , 2020 All Rights Reserved.