シンプルライフの知恵

Kindleのメリットと使い方を徹底解説します

ミニマリズム研究所へようこそ!

こんばんは!

Kindleについて知りたい人「Kindleについて詳しく知りたい。電子版で本を読みたいけど、スマホだと読みづらいから電子書籍端末を考えている。あと、Kindleの使い方についても詳しく教えてください。」

こういった方向けの記事。

本記事では、Kindleのメリットと使い方を解説します。

Kindleのメリット

Kindleを使うメリットは3つあります。

Kindleを使うメリット

  • 目が疲れない
  • 充電が長持ちする
  • 読書だけに集中できる

一つずつ見ていきましょう!

目が疲れない

Kindleは電子ペーパーという表示形式を採用しているため、スマホやタブレットよりも目が疲れにくいのが特徴です。

表示される画面が紙の質感に近いため、紙の本に近い感覚で読むことができます。

また、単純にスマホより画面が大きく、読みやすいのも気に入っています。

充電が長持ちする

また、実際にKindleを使っていてありがたいと思うのは、充電が長持ちすることです。

Kindle版の書籍はスマホアプリでも読むことができます。

しかし、スマホの充電は消費が激しいため、

長時間読書するなら、充電が長持ちするKindle端末で読むほうが便利でしょう。

 

私の場合は、電車やバスの移動時間で読むときはスマホで、

家やカフェで落ち着いて読むときはKindle端末でというように使い分けています。

読書だけに集中できる

スマホで読書するときよくあるのが、

読書しようと思っていたのに、いつの間にかネットサーフィンなど別のことをやってしまっていること。

人間の意識というのは、いつも利用しているアプリのアイコンが視界に入ったり、

ちょっとした通知音が鳴るだけで簡単にそらされてしまいます。

 

Kindleは読書と本の購入以外の機能はありません。

だからこそ、読書だけに集中することができるのです。

こういった理由もあって、私が家で読書する時は、スマホでなくKindle端末で読書するようにしています。

Kindleの各モデルの特徴

Kindleには3つのラインナップがあります。

Kindleのモデル

  • Kindle
  • Kindle PaperWhite
  • Kindle Oasis

一つずつ見ていきましょう!

Kindle

「Kindle」は、価格が最も安いエントリーモデルです。

ただ画面の明るさが暗いのが難点です。

とりあえず文字が読めればOKという方におすすめします。

Kindle PaperWhite

「Kindle PaperWhite」は、画面が明るく、容量が大きいモデルです。

最新機種の第8世代は防水機能もついているので、お風呂の中でも読めるのが嬉しいですね。

買った後の後悔を避けるなら、このモデルを買うのが無難です。

ちなみに私が持っているのは旧モデルの第7世代でして、第7世代は防水機能が搭載されていないので注意してください。

容量は8GBと32GBが選べます。

ビジネス書や小説だけしか読まない予定なら8GB、漫画も大量に読みたいという方は32GBをおすすめします。

Kindle Oasis

「Kindle Oasis」は、さらに明るく、画面が大きい高機能モデルです。

防水機能も搭載されています。

容量は8GBと32GBが選べます。

なかなか買う機会もないと思うので、お金に余裕のある方はこちらのモデルでリッチな読書を楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

なお、上記3つのモデル以外にも、以前は「Kindle Voyage」、「Kindle Paperwhite マンガモデル」といったモデルもありましたが、

現在では廃盤となっています。

Kindleの各モデルの比較

アマゾンの比較表によると、Kindleの各モデルの特徴は、以下のようになります。

Kindleの使い方

ここからはKindleの使い方について解説します。

以下の項目から、知りたい項目をタップしてください。

ホーム画面

ホーム画面はこのようになっています。

例えるなら、机に本が数冊置いてあるような感じです。

読みたい本をタップすることで本を読むことができます。

 

本を開くと、このように、前回閉じたページから読書を再開できます。

ハイライト

Kindleでは、お気に入りの文章に線を引き、メモとして残すことができます。

これはかなり便利な機能なので、覚えておきましょう。

ハイライトするには、線を引きたいところを指でなぞりましょう。

 

線を引くと、このように灰色で着色されます。

読書中にメニューを開く

メニューを開く場合は画面上部をタップします。

 

メニューを開くと、本のタイトルや、本を読み終わるまでにかかる予測時間が表示されます。

文字の大きさや行間を調節する

文字の大きさや行間を調節したい場合は、まずメニューを開き、「ページを表示」をタップしてください。

 

「フォントとページの設定」をタップすると文字の大きさなどを細かく設定することができます。

特にこだわりがない人は「コンパクト」を選択しておけば問題ないでしょう。

 

「フォント」をタップすると、文字のフォントやサイズを設定できます。

 

「ページ」をタップすると、行間や余白を設定できます。

ページの移動

ページを移動したいときは「移動」をタップします。

 

この画面で任意の項目をタップすると、そのページに移動することができます。

ハイライトの確認

ハイライトを確認したいときは、まず「移動」をタップします。

 

次に「メモ」をタップします。

 

この画面で、ハイライトした箇所を一覧で確認することができます。

また、ハイライトをタップすることでその箇所に移動することができます。

ブックマーク

Kindleでは、お気に入りのページをブックマークして登録することができます。

ブックマークするには、ブックマークボタンをタップします。

 

次に、「+」ボタンをタップします。

 

これでブックマークが完了しました。

 

先ほどと同じ手順でブックマークボタンを押すと、登録されていることが確認できます。

 

ブックマークしたページに移動したい場合は、この状態で移動したいブックマークをタップします。

 

この状態でページをタップすると、そのページに移動します。

ブックマークを削除したい場合は、「×」ボタンをタップすることで削除できます。

マイライブラリ

ホーム画面に読みたい本がない場合は、マイライブラリに切り替えましょう。

 

マイライブラリは、例えるなら本棚のような感じです。

左右にスワイプすることで、ページの切り替えができます。

グリッド表示、リスト表示

マイライブラリでは、画面に表示される本を絞り込んだり、表示形式を変更したりすることができます。

試しにグリッド表示からリスト表示に変更してみます。

まず、「すべて」をタップします。

 

次に「リスト」をタップします。

 

リスト表示にすると、より詳細な情報が表示されます。

元の表示に戻したい場合は、先ほどと同じ手順でグリッド表示を選択してください。

読書リスト

実はKindleでは、本の最初の方をお試し版で無料ダウンロードして読むことができます。

お試し版でダウンロードした本は「読書リスト」に保管されます。

ホーム画面で「読書リスト」をタップすると、読書リストに切り替わります。

 

この画面が読書リストです。

とりあえずお試し版で読んでみて、気に入ったら買うというのも良いですね。

Kindleストア

本は、Kindleストアにて購入することができます。

Kindleストアを表示させる場合は、「ストア」ボタンをタップしましょう。

 

Kindleストアでは、このように自分に合わせたおすすめの本などが表示されます。

簡易設定

簡易設定をする場合は、「設定」ボタンをタップします。

 

設定画面が表示されました。

この設定画面では、明るさの調節やKindleの同期などを行うことができます。

詳細設定

詳細設定をする場合は、まずメニューボタンをタップします。

 

次に「設定」をタップします。

 

この設定画面では、Wi-Fiの追加、削除、機能制限などをすることができます。

全て解説すると長くなるので、ここでは知っておくと便利な機能制限について解説します。

 

まず「機能制限」をタップします。

 

次に「特定の機能を制限」をタップします。

 

機能制限であらかじめストアへのアクセスをオフにしておくことで、本の購入を制限することができます。

例えば、小さな子供にKindleを渡すときや、友人にKindleを貸すときに設定しておくと良いでしょう。

まとめ

Kindleのモデルは3つ。

価格が最も安い「Kindle」

 

画面が明るく、容量が大きい「Kindle PaperWhite」

 

画面が大きく、高機能モデルの「Kindle Oasis」

 

お気に入りのKindleで充実した読書を楽しみましょう。

この記事は、シンプルライフの知恵「生活の効率化:第1回」です。

他のページをご覧になりたい方は、以下からどうぞ。

【第1回】(今のページ)
Kindleの魅力を徹底解説

【第2回】
モバイルWi-Fiのメリット

【第3回】
アマゾン活用術

【第4回】
カード決済のメリット

【第5回】
スマホ決済のメリット

Twitter、Facebookでも更新連絡しています。

興味がある方はフォローしてください。

Twitter→ミニマリズム研究所(@minimal_labo)

Facebook→ミニマリズム研究所(@minimal.labo)

-シンプルライフの知恵
-

Copyright© ミニマリズム研究所 , 2020 All Rights Reserved.