断捨離

ミニマリストから学ぶクローゼットの整理術

ミニマリズム研究所へようこそ!

こんばんは!

クローゼットを整理したい人「クローゼットを整理する方法が知りたい。クローゼットに洋服がパンパンに詰まっているけど、どう整理すればいいか分からない。あと、高かった服もあるので、服を売却できる方法とかあれば教えてください。」

こういった方向けの記事。

本記事では、クローゼットを整理する方法を3つのステップに分けて解説します。

クローゼットを整理する3つのステップ

クローゼットの整理には3つのステップがあります。

クローゼットを整理する3つのステップ

  1. 出す
  2. 絞り込む
  3. 収納する

一つずつ解説していきます。

1. 服を出す

まずは、クローゼットから服を全て出し、床に並べます

大量の服を持っている人は、服がたくさん詰まったクローゼットを見たときに、「クローゼットとはこういうものだ」という先入観があります。

その状態でクローゼットを整理しても、「整理前とさほど変わらなかった」なんてことも。

 

そうならないように、いったんクローゼットを空にして、先入観をカットします。

窮屈なクローゼットからいらない服を「引く」のではなく、空のクローゼットにお気に入りの服を「足す」のです。

2. 服を選別する

次に、床に並べた服を選別していきます。

服を選別する際の判断基準は以下の3つです。

服を選別する基準

  • カビが生えていたり、傷んでいないか
  • 着る頻度が極端に少なくないか
  • サイズが合わなかったり、着心地が悪いなど、着ていて違和感がないか

この3つのうち一つでも当てはまるものがあれば処分しましょう。

高い値段で買ったブランド品や思い出の品などを処分するのは、少々後ろ髪を引かれる気持ちになるかもしれません。

しかしそういった物も潔く手放してしまった方が、結果的にはすっきりとした気持ちになれるでしょう。

 

服の選別が終われば、クローゼットの中に入るものは「お気に入り」の服だけに厳選されます。

3. クローゼットにしまう

お気に入りの服だけに厳選したら、それを自分が使いやすいようにしまっていきます。

 

私の場合は、半袖の服は左側、長袖の服は真ん中、ジャケットやコート類などの上着は右側、

といったように種類ごとにしまっています。

こうすることで、パッと見てすぐに必要な服を取り出すことができます。

 

また、洋服がクローゼットに占める割合は7割以下にすると、美しいクローゼットになります。

ブランド品を売るなら「フクウロ」がおすすめ

「ブランド品を捨てるのはもったいない」という考える方もいるでしょう。

そんな場合は、売却するのが良いでしょう。

人によってはクローゼットの中のブランド品をかき集めて売却すれば、それなりの金額にはなるはずです。

 

ブランド品を売るなら「フクウロ」がおすすめです。

私はブランド品も持っていないので利用したことはありませんが、

少なくとも私が調べた限りでは「フクウロ」がブランド品買取サービスの中で最も有力な候補でした。

理由は以下の通り。

「フクウロ」のメリット

  • 買取価格が他店より高い傾向がある
  • 無料で査定してくれる
  • 無料で宅配キットが届く
  • 返送料が無料
  • 品物が到着して最短で翌日振込

等々、他店にはないメリットも多いです。

一方で公式サイトを見ると、ノーブランドやファストファッション等、定価が5000円以下の品物は値段がつかない可能性もあるとのこと。

あくまでもブランド品だけを扱うお店だそうです。

 

「高かったし捨てるにはちょっと後ろ髪を引かれる」って方は、試しに無料査定だけでも申し込んでみると良いでしょう。

フクウロで無料査定する

まとめ

今回は、クローゼットの整理術について解説しました。

大切なのは、お気に入りの服だけに絞り込むこと。

着る機会の少ない服は潔く処分した方が、身も心もすっきりするはずです。

この記事は、片付けが苦手な人のための断捨離講座の【第4回】です。

他のページをご覧になりたい方は、以下からどうぞ。

【第1回】
「断捨離」とは何か

【第2回】
断捨離とミニマリズムの違い

【第3回】
本棚の整理術

【第4回】(今のページ)
クローゼットの整理術

【第5回】
食器棚の整理術

【第6回】
大掃除の仕方

【第7回】
デジタル断捨離の仕方

Twitter、Facebookでも更新連絡しています。

興味がある方はフォローしてください。

Twitter→ミニマリズム研究所(@minimal_labo)

Facebook→ミニマリズム研究所(@minimal.labo)

-断捨離
-

Copyright© ミニマリズム研究所 , 2020 All Rights Reserved.