シンプルライフの知恵

ミニマリストから学ぶデジタルデトックス

ミニマリズム研究所へようこそ!

こんばんは!

スマホで疲れている人「スマホやインターネットから離れる方法が知りたい。気づくとスマホやネットサーフィンに熱中してて、スマホ依存症になっている気がする。」

こういった方向けの記事。

本記事では、デジタルデトックスの仕方について解説します。

デジタルデトックスとは

デジタルデトックスとは、一定期間スマホやパソコンなどと距離を置き、心身に溜まったストレスを取り除くことです。

デジタルデトックスをすると、以下のメリットが得られます。

デジタルデトックスのメリット

  • ストレスの低減
  • 脳疲労の回復
  • 睡眠の質の向上
  • 時間にゆとりが生まれる

上記の効果は一般に言われていることですが、私自身も実践して、想像以上の効果を実感しています。

また、ミニマリズムに関する本でもデジタルデトックスについて書かれていることが多く、

デジタルデトックスは、ミニマリストの間で関心が高まっている習慣の一つでもあるのです。

 

というわけで、

「休日なのになぜか休まらない…」

「快適に眠りたい」

「時間にゆとりが欲しい」

と、感じている方は、「デジタルデトックス」を習慣に取り入れてみてはいかがでしょうか。

デジタルデトックスの方法

デジタルデトックスの方法はいくつかあります。

デジタルデトックスの方法

  • 不要なアプリ、ブックマークを削除する
  • 通知をOFFにする
  • スマホを置いて出かける
  • スマホを使わない日、使わない時間を決める

一つずつ見ていきましょう!

不要なアプリ、ブックマークを削除する

一番難易度が低いのが、不要なアプリ、ブックマークを削除することです。

スマホの中に使っていないアプリや不要なブックマークはありませんか?

不要なアプリやブックマークを削除するなどして、デジタル機器から受け取る情報を最小限にすることで、集中力が減少するのを抑えることができます。

 

また、使っているけれど、本来は必要ないアプリもあるはずです。

例えば、YouTubeやゲームアプリなどの暇つぶしのためのアプリ。

消去してしまえば、最初のうちは退屈に感じるかもしれませんが、一週間ほどもすれば慣れてきます。

それと同時に、一日の時間にゆとりが生まれていることにも気がつくでしょう。

通知をOFFにする

通知をOFFにすることも比較的簡単に実践できる方法です。

例えば、LINEやTwitterなどのSNSの通知をOFFにしてみるなどです。

すると、驚くほど時間にゆとりが生まれ、集中力も高まります。

仕事のためにSNSを使っているような人でなければ、SNSの通知は思い切ってOFFにしてしまっていいかもしれません。

手軽に実践できるので、ぜひ試していただけたらと思います。

スマホを置いて出かける

ちょっと難易度が高まりますが、スマホを置いて出かけるのも、デジタルデトックスに効果的です。

例えば、休日にショッピングに出かける間、スマホを置いて出かける。

意外にも新鮮な気持ちになり、解放された気分になるかもしれません。

スマホを使わない日、使わない時間を決める

意志力の高い人限定ですが、スマホを使わない日や時間を決めてしまうという方法もあります。

例えば、「日曜日は一切スマホを使わない」「夜21時〜朝6時はスマホを使わない」といった具合です。

実際には、スマホを使わないと決めていても、使ってしまう場合もあるかもしれないですが、

意志力の高さを確かめる意味でも、一度やってみることをお勧めします。

まとめ

今回は、デジタルデトックスの方法について解説しました。

少しの時間でも意識的にデジタル機器から離れてみることで、時間にゆとりが生まれ、ストレスから解放されます。

ぜひ、自分に合う形でデジタルデトックスを実践してみてください。

また、デジタル断捨離についても知りたい方は、下記記事にて解説しています。

ミニマリストから学ぶデジタル断捨離

「スマホアプリの整理術が知りたい。スマホの中身を整理したいけど、どれが必要なアプリか分からない。」という方向けの記事。本記事では、デジタル断捨離の仕方について解説します。また、私がデジタル断捨離して残った優秀なスマホアプリもいくつか紹介しますので、そちらも良ければ参考にしてください。

続きを見る

 

Twitter、Facebookでも更新連絡しています。

興味がある方はフォローしてください。

Twitter→ミニマリズム研究所(@minimal_labo)

Facebook→ミニマリズム研究所(@minimal.labo)

-シンプルライフの知恵

Copyright© ミニマリズム研究所 , 2020 All Rights Reserved.