断捨離

ミニマリストから学ぶデジタル断捨離

投稿日:2019年1月16日 更新日:

ミニマリズム研究所へようこそ!

こんばんは!

スマホの中身を整理したい人「スマホアプリの整理術が知りたい。スマホの中身を整理したいけど、どれが必要なアプリか分からない。あと、おすすめのアプリがあれば教えてください。」

こういった方向けの記事。

本記事では、デジタル断捨離の仕方について解説します。

また、私がデジタル断捨離して残った優秀なスマホアプリもいくつか紹介しますので、そちらも良ければ参考にしてください。

デジタル断捨離とは

デジタル断捨離とは、パソコンやスマホに入っている不要なデータを減らし、使いやすくすることです。

デジタル断捨離をすると、以下のメリットが得られます。

デジタル断捨離のメリット

  • PCやスマホの使い勝手が良くなる
  • 心の整理ができる
  • セキュリティリスクが減る

一番大きいのは、使い勝手が良くなることです。

不要なデータを消去することで、視界に入る情報量を少なくし、脳の疲労を軽減できます。

また、データを整理していく中で、自分にとって何が必要なのかがはっきりするため、心の整理にもつながるのです。

セキュリティの観点からすると、不要なデータやアップデートせず放置されたアプリはセキュリティのリスクにつながります。

こういったデータを消去することは、セキュリティのリスクにもつながるのです。

 

というわけで、パソコンやスマホは定期的にデジタル断捨離することをおすすめします。

デジタル断捨離の方法

デジタル断捨離の方法は4つあります。

デジタル断捨離の方法

  • 不要なアプリ、ブックマークを削除する
  • アプリ、ブックマークをカテゴリごとにまとめる
  • 使わないWebサービスは退会する
  • クラウド上でデータ管理する

一つずつ見ていきましょう!

不要なアプリ、ブックマークを削除する

まずは、不要なアプリやブックマークを削除しましょう。

 

脳は視界に入る情報を無意識に処理しています。

例えば、スマホを開いてメモをしようとした時、メールのアイコンが目に入れば、未読のメールをついでに確認しようかと脳が自動的に判断します。

一日の中で判断する回数が多いほど、脳は疲弊します。

 

視界に入るアイコンの数を減らすことで、余計な情報を処理せずに済むようになるので、脳の疲労を軽減させることができます。

また、使わないブックマークを削除することで、読みたいブックマークをすぐに探すことができます。

アプリ、ブックマークをカテゴリごとにまとめる

使っているアプリやブックマークはカテゴリ別にまとめて整理しましょう。

そうすることで、一度に視界に入る情報が少なくなり、使い勝手が良くなります。

脳の疲労軽減にも効果的です。

 

例えば、私はスマホ画面をこのように整理しています。

1ページ目のウィジェット欄は空。

余計な情報はなるべく視界に入れないようにしています。

 

2ページ目はデフォルトでインストールされているアプリと、ネットプリントなど普段は使わないが、使う機会のあるアプリ。

 

3ページ目は使う頻度の高いアプリ。

また、下のツールバーは、使う際にすぐに起動したいアプリを表示しています。

そして、

ブログや執筆などコンテンツ作成に使うものは「ビジネス」

資産管理に関するアプリは「ファイナンス」

FacebookやTwitterは「SNS」

飛行機の予約など旅行に使うアプリは「旅行」

ゲームアプリ等は「エンターテイメント」というように分類しています。

 

アプリをまとめる方法は簡単です。

まず、アプリのアイコンを長押しします。

 

まとめたいアプリ同士を重ねます。

 

カテゴリが作成されました。

カテゴリ名は自動で設定されます。

アプリアイコンを長押しし、カテゴリをタップすることで、カテゴリ名を変更することができます。

 

アイコンを整理すると、画面の見た目もスッキリするのでおすすめです。

使わないWebサービスは退会する

使わないWebサービスは退会しましょう。

すでに利用していない通販サイトやアプリはありませんか?

こういったものを放置すると、不必要なメールが届くこともあります。

今一度、利用しているサービスを見直し、不要なサービスは退会すると良いでしょう。

クラウド上でデータ管理する

メモや写真はクラウド上で管理するようにしましょう。

クラウドというのは、端末ではなくオンラインのデータ領域のことです。

データをオンライン上で管理することで、空き容量を増やすことができます。

 

例えば、私はクラウドアプリのEvernoteとGoogleフォトを使用しています。

メモや写真のデータはオンラインのデータ領域で管理されているため、写真にはデータ容量を使用していません。

さらに、クラウド上で管理することで、パスワードさえあれば、どの端末からでも自分のデータにアクセスできるというメリットもあります。

デジタル断捨離後も残った優秀なアプリ

私は定期的にデジタル断捨離をしています。

その結果、デフォルトでインストールされているアプリを除くと、32個のアプリが残りました。

今回は私が残したアプリの中で、特に優秀なアプリを5つ紹介します。

全部無料です。

Evernote(エバーノート)

Evernoteは、クラウド上にデータが保存されるメモ帳アプリです。

スマホでメモした内容がパソコンからでもアクセスできるのが大きな利点です。

万が一スマホが壊れてしまった場合でも、パスワードが分かれば、また新しいスマホからアクセスすることができます。

数多くのアプリの中で特に気に入っているアプリです。

こんなに優秀なのに無料です。

インストール必須のアプリです。

Evernote

Evernote

Evernote無料posted withアプリーチ

Googleフォト

Googleフォトは、クラウド上で写真が管理できるアプリです。

スマホで撮った写真は、すぐさまGoogleフォトに保存されます。

スマホを失くしても、パスワードが分かれば、パソコンでも新しいスマホでもGoogleフォトにアクセスできます。

素晴らしいアプリです。

Google フォト

Google フォト

Google LLC無料posted withアプリーチ

Kindle(キンドル)

Kindleは、電子書籍が読めるアプリです。

本がスマホで読めるということを知って以来、私は紙の本を買わなくなりました。

紙の本を持ち歩かなくても、電車や飛行機の移動時間、待ち合わせ時間にスマホで手軽に読書できるのはありがたいです。

Kindle

Kindle

AMZN Mobile LLC無料posted withアプリーチ

MoneyForward(マネーフォワード)

マネーフォワードは、スマホで資産を一括管理できるアプリです。

銀行口座、クレジットカード、仮想通貨取引所などを登録しておくことで、自分の資産がスマホ上で管理できます。

支出や収入の内訳などもグラフで表示されるので、家計簿を自動でつけてくれるような感じです。

面倒なことが苦手な私でも、最初だけ設定すれば、あとは残高なども自動で更新されるので、非常に助かっています。

家計簿マネーフォワード ME

家計簿マネーフォワード ME

Money Forward, Inc.無料posted withアプリーチ

フォトスキャン

紙の写真をデータ化できるアプリ。

例えば、昔撮った写真や子供の頃に美術の時間に書いた絵をそろそろ整理したいけど、なかなか捨てられないということありませんか?

そういう場合は、フォトスキャンでデータ化しましょう。

アプリを起動し、データ化したい対象を写真を撮るような感じでスキャンします。

このように、夏休みの最後の方にやっつけで書いた自由研究のまとめも、しっかりデータ化し保存することができます。

かなり精度が高いので、おすすめです。

フォトスキャン by Google フォト

フォトスキャン by Google フォト

Google LLC無料posted withアプリーチ

おまけ ホーム画面追加

頻繁に訪れるサイトは、ホーム画面に追加すると便利です。

やり方を解説します。

まず、共有ボタンをタップします。

 

赤枠内を左にスワイプします。

 

「ホーム画面に追加」ボタンが出てくるので、それをタップします。

 

ホーム画面にアイコンが表示されました。

これでミニマリズム研究所にすぐにアクセスできますね!

まとめ

今回は、デジタル断捨離の仕方について解説しました。

スマホやパソコンには、すぐにデータがたまっていくものです。

なので定期的にデジタル断捨離をして、スマホやパソコンを整理整頓しましょう。

この記事は、片付けが苦手な人のための断捨離講座の【第7回】です。

他のページをご覧になりたい方は、以下からどうぞ。

【第1回】
「断捨離」とは何か

【第2回】
断捨離とミニマリズムの違い

【第3回】
本棚の整理術

【第4回】
クローゼットの整理術

【第5回】
食器棚の整理術

【第6回】
大掃除の仕方

【第7回】(今のページ)
デジタル断捨離の仕方

Twitter、Facebookでも更新連絡しています。

興味がある方はフォローしてください。

Twitter→ミニマリズム研究所(@minimal_labo)

Facebook→ミニマリズム研究所(@minimal.labo)

-断捨離
-

Copyright© ミニマリズム研究所 , 2020 All Rights Reserved.