断捨離

断捨離とミニマリズムの違い

ミニマリズム研究所へようこそ!

こんばんは!

断捨離とミニマリズムの違いが知りたい人「断捨離とミニマリズムの違いが知りたい。どっちも似たようなニュアンスを感じるけど、具体的にどう違うのか教えてください。」

こういった方向けの記事。

本記事では、断捨離とミニマリズムの違いついて解説します。

断捨離とミニマリズムの違い

断捨離とミニマリズムは似ているようで微妙に異なります。

 

断捨離は、不要な物を断ち、捨てることで、物への執着から離れ、身軽で快適な生活と人生を手に入れる思想です。

ミニマリズムは、生活の中から不必要なものをそぎ落として、本当に大切なものだけにフォーカスする思想です。

 

断捨離は片付けを重視しているのに対し、

ミニマリズムは不要な物を買わないことを重視しています。

 

断捨離では「入ったら、出す」というように、物の循環を意識するのに対し、

ミニマリズムでは「なるべく入れない」といった感じで、物の購入を最低限に抑えることを意識します。

 

断捨離は現代人に必須の考え方、

ミニマリズムはそれをさらに一歩進めた感じです。

 

断捨離とミニマリズムの考え方は、図にして表すと以下のようになっています。

また、具体的な違いは以下のようになっています。

断捨離 ミニマリズム
目的 心と住まいに新陳代謝をもたらす 人生において本当に大切なことに集中する
手段 不要な物を捨て、物への執着から離れる 生活の中からあらゆる無駄を省く
内容 主に片付け術と収納術 明確な定義はない
重視すること 物の循環、住まいの最適化 最低限の物量、目標への集中
対象 物、時間、思考、人間関係など
メッセージ 「片付けや収納の仕方は私が教えます。心と住まいに新陳代謝をもたらしましょう。」 「やり方は任せる。とにかくあらゆる無駄を省こう。そして本当に大切なことだけに集中しよう。」

以上のことから、断捨離とミニマリズムは似て非なる考え方と言えます。

まとめ

今回は、断捨離とミニマリズムの違いについて解説しました。

断捨離とミニマリズムは似て非なる考え方。

断捨離では暮らしに流れを取り戻すことを重視しているのに対し、ミニマリズムは生活の中から無駄を省くことを重視しているのです。

快適な住まいを手に入れる「断捨離」と、生活から無駄を省く「ミニマリズム」

まずは考えが近いほうから学び、取り入れてみてはいかがでしょうか。

この記事は、片付けが苦手な人のための断捨離講座の【第2回】です。

他のページをご覧になりたい方は、以下からどうぞ。

【第1回】
「断捨離」とは何か

【第2回】(今のページ)
断捨離とミニマリズムの違い

【第3回】
本棚の整理術

【第4回】
クローゼットの整理術

【第5回】
食器棚の整理術

【第6回】
大掃除の仕方

【第7回】
デジタル断捨離の仕方

Twitter、Facebookでも更新連絡しています。

興味がある方はフォローしてください。

Twitter→ミニマリズム研究所(@minimal_labo)

Facebook→ミニマリズム研究所(@minimal.labo)

-断捨離
-

Copyright© ミニマリズム研究所 , 2020 All Rights Reserved.